永久脱毛のデメリットとは

永久脱毛には、毛が生えにくい体質になるという大きなメリットがあります。

毛が生えてこなくなれば、自己処理が格段に楽になります。
今まで毛の処理に使っていた時間を他の事に利用できるようになりますので、そのメリットは決して小さなものではありません。それ故に日本中でたくさんの人が永久脱毛を受けているのです。

しかし、一方で永久脱毛には大きなデメリットも存在します。

施術を受けるにあたっては、このデメリットとメリットを比較し、どちらが自分にとって大きなものなのかを判断しなくてはなりません。




いったい、永久脱毛にはどのようなデメリットがあるのでしょうか。




永久脱毛のデメリットは一つではなく、いくつか存在します。


その中でもとくに大きなものをあげるとすれば、やはり施術後の体質変化でしょう。


ものすごくシンプルに表現すると、施術後は健康状態が悪化します。



これは毛の果たす人体機能が関係してくるのです。髪の毛、ワキ毛、陰毛、産毛など人体にはさまざまな毛が生えています。むしろ毛の生えていない肌の方が少ないくらいでしょう。そして髪の毛などの一部の毛を除くと、体毛のほとんどはムダ毛と呼ばれています。

しかし、実際にムダな体毛など一本として存在しないのです。



全ての体毛には、人体に蓄積された毒素を体外に排出するという重要な役割があるからです。


つまり、半永久的に毛が生えてこなくなれば、その効果が続く限り毒素を体外に排出しにくい体になってしまいます。



その影響は個人差がありますが、確実に健康状態は悪化するのです。





Copyright (C) 2014 永久脱毛のデメリットとは All Rights Reserved.